日産ノートeパワーをグレード別に詳しくまとめました!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

2016年に日産ノートeパワーは、エンジンで発電してモーターのみで、走行をするという新開発技術を搭載しました。

日産ノートeパワーはどれくらいの金額で買えるのかや、グレードによる違いなどが気になるのではないでしょうか。

このページでは日産ノートeパワーのグレードの違いや、特徴などを紹介していきます。

スポンサードリンク

日産ノートeパワーの値段


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

日産ノートeパワーの値段は「1,901,880円~2,453,760円」です。

日産ノートeパワーだけに絞るなら、以下のグレードに分けられています。

・AUTECH

・シーギアリミテッド

・ブラックアロー

・メダリスト

・e-POWER

・X

・S

 

大きくわけて以上のような感じです。

eパワー以外のグレードも加えると、もっとグレードは増えますし細かく分けると更に増えます。

次は、日産ノートeパワーの各グレードの特徴について、紹介をしていきます。

スポンサードリンク

日産ノートeパワー各グレードの特徴


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

日産ノートeパワーのグレードは、かなり多いです。

各グレードの特徴や、何が違うのかなどを紹介していきます

eパワー X シーギア リミテッド/eパワー X シーギア


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

日産ノートeパワーのグレードは、SUVっぽい感じの車です。

ガソリン車にも「シーギア」というグレードがありますが、eパワーにも「シーギア」のグレードがあります。

「シーギア」のエクステリアは完全にSUVを意識していますが、車高は他のグレードと変わりはありません。

パット見た感じでは「シーギア」は、他のグレードよりも車高が高いように感じられます。

値段は「2,259,360円~2,270,160円」です。

オーテック


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

日産ノートeパワーのグレードには「オーテック」があります。

オーテックはメーカー直系のワークスブランドで、日産車を専門にカスタムをするメーカーです。

日産車のグレードには「オーテック」が加わることがあります。

オーテックには専用のブルーカラーがあって、エクステリアはラグジュアリーな印象を感じさせてくれます。

ニスモがスポーティーな車を担当するなら、オーテックは高級な印象を与えるカスタムを担当している感じです。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

エクステリアはスタイリッシュで洗練された高級な印象を、日産ノートeパワーに注ぎ込んでいるのが特徴です。

日産ノートeパワーをカスタムした感じが、オーテックのグレードでエクステリアは、ノーマルの日産ノートeパワーとは少し違いがあります。

エクステリアは、オーテックらしい高級な印書を与えるデザインとなっていて、フロントバンパーのした部分には、フィニッシャーがメタル調となっていてカッコ良いです。

インテリアはブラックをベースにしていて、オーテックブランドのブルーの色が加えられています。

他のグレードと比較すると、内外装はとてもカッコ良くプレミア感が高いのが特徴です。

値段は「1,745,280円」ほどします。

eパワー S/X/eパワー X ブラックアロー

日産ノートeパワーのグレード「S/X」は、ガソリン車の

このグレードにはプッシュエンジンスタータが備わっています。

ガソリン車の一番安いグレードと比較すると、「X」のほうが快適な装備が備わっています。

「X」にはプライバシーガラスも装備されていて、「運転席シートリフター」もついているので、最適なドライビングポジションを設定しやすいです。

日産ノートeパワーのグレード「X ブラックアロー」は「センタークラスター」が、ピアノブラック調で内装がラグジュアリーな感じがします。

エアコン吹出口やシフトノブなど、細かい部分がグレード「X」と違う部分だといえます。

シートは「X ブラックアロー」の専用色で、タイヤは「185/65R15 88Sタイヤ&15インチアルミホイール」が標準装備となっています。

値段は「1,901,880円~2,114,640円」です。

eパワー MEDALIST/eパワー MEDALIST ブラックアロー

日産ノートeパワーのグレードで、「ブラックアロー」は戦勝職があります。

「MEDALIST」はLEDヘッドランプなどが、標準装備です。

内装色はエアコン吹出口やシフトノブが、専用色となります。

日産ノートeパワーのグレード「MEDALIST X」と違うところは、アイドリングストップが装備されているという部分です。

基本装備は「MEDALIST X」とかわりはありません。

値段は「2,114,640円~2,424,600円」です。

スポンサードリンク

日産ノートeパワーの魅力とは?


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

日産ノートeパワーはグレードによっても機能や装備が違いますが、性能についてはまだ語っていません。

やはり、各グレードの魅力を知る上では、eパワーの本来の性能を知っておくべきでしょう。

次は、各グレードの性能について、紹介をしていきます。

日産ノートeパワーのグレード「S」は、最小限の費用でeパワー搭載車を買うことが出来ます。

eパワーは走りに少し個性がありますが、深めにアクセルを踏み込むと他のハイブリッドとは違う感覚を感じます。

たとえば、プリウスなどはアクセルを深めに踏むと、エンジン回転が上がるまで2~3秒ほどやや弱い馬力で加速していきます。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

私はプリウスを実際に試乗してみたことがありますが、加速している感覚がほとんどありませんでした。

日産ノートeパワーはアクセルを踏むと、しっかりとした馬力を感じさせて力強く加速をしていきます。

背中を強い力で押されている感覚と同じで、力強い加速を感じます。

日産ノートeパワーはエコカーとは思えないほど、スポーティな走りを楽しむことが出来ます。

「エコカーは加速が悪い!」と言うイメージがあるかもしれませんが、日産ノートeパワーの場合はそういう常識みたいなものは覆されてしまいます。

さらに、eパワーはエンジンが発電機の役目をしているので、タイヤとは全く繋がりがありません。

なので、エンジンは単なる発電機なので、加速時は全く負荷を与えていないので燃料消費も少なくてすみます。

充電が不足しているときにエンジンは回り、その力でモーターが回るというシステムとなっています。

なので、他のハイブリッド車とは、全く違うのです。

日産ノートeパワーのグレードでおすすめはある?


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

日産ノートeパワーのグレードの中で、「X」があります。

eパワーの中では2番めに、値段が安いモデルですがインテリアにこだわらないなら「X」でも良いかもしれません。

日産ノートeパワーで滅多に街中でも見かけない、オーテックというグレードがあります。

オーテック仕様の車は外観がとても目立つので、選ぶ人は少ないのかもしれません。

目立つと言っても派手な感じではなく、ラグジュアリーな印象を与えるという意味で派手だということです。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

車好きでカスタムを過去に楽しんだ人が、落ち着く意味で乗るのも最適な車だと言えます。

内装はとても豪華なので、乗っていて楽しいという口コミもあります。

スポーツカーからコンパクトカーに乗り換える人も、意外に少なくはありません。

その中で、スポーツカーに乗っていた頃が忘れられないと言うなら、ニスモ仕様が最も最適だと言えます。

これまで日産のスポーツカーに乗ってきた人には、ニスモはとても馴染み深いメーカーではないでしょうか。

走りに徹した仕様となっているので、きっと満足行くグレードだと感じます。

日産ノートeパワーをグレード別まとめ


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications.html

日産ノートeパワーのグレードは、色々とあります。

グレード別に機能や装備が、全く異なります。

あなたが車に何を求めるかによって、選ぶべきグレードは変わってきます。

最小限の費用で、快適に走りたいと言うなら下級グレードも良いかもしれませんね。

上級グレードにこだわる人がたまにいますが、使わない機能がたくさん付いていてもお金の無駄なので、出来る限り使いそうな装備が付いているグレードを選んだほうが良いでしょう。

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。