日産eパワーメダリストの実質燃費・評価・口コミをまとめました!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

日産ノートeパワーメダリストがほしいと、グレードまで決まっているなら、まずは口コミなどを調べたほうが良いでしょう。

どういうデメリットが有るのかや、どれくらいの実燃費なのか走っておくほうが良いでしょう。

日産ノートeパワーメダリストの実燃費や、口コミなどを紹介していきます。

スポンサードリンク

日産ノートeパワーメダリストカタログ燃費

日産ノートeパワーメダリストは、eパワーとガソリン車があります。

日産ノートeパワーメダリストのカタログ燃費は、eパワーで「34km/L~37.2km/L」です。

ガソリン車で「23.4km/L」となっています。

日産ノートeパワーメダリストは走る場面に応じて、システムが自動で制御します。

eパワーはエンジンで発電をしてモーターの力で、走行をします。

なので、トヨタのハイブリッドとは、システム自体が異なるのです。

エンジンが発電をしてモーターの力で走行をするので、電気自動車みたいな走りをします。

エンジンで走らないので、モーター以外は負荷はかかりません。

エンジンは発電だけなので、それほど燃費を必要としないのです。

モーターでの加速は市街地走行から高速走行まで、スムーズに加速していきます。

加速に関しては、不満の口コミはないですが、実際に走行をする場合は、どれだけ燃費が悪くなるのか口コミを集めてみました。

スポンサードリンク

日産ノートeパワーメダリスト実質燃費


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

・メーター表示で22kmぐらい

・エコを意識すれば25kmぐらい

・満タン法で22.64km/L

 

日産ノートeパワーメダリストのカタログ燃費は、「34km/L~37.2km/L」でカタログ燃費上では良いですね。

実燃費の話になると、プリウスのような車を比較する人もいますが、プリウスはシステム自体が違うので比較することは出来ません。

日産ノートeパワーメダリストは、エンジンが冷えているときに走行をしても、燃費計は低い数値を示します。

エンジンが冷えているときは、本来の性能を出し切っていないので実燃費も満足できるほど上昇はしません。

同じ日産ノートeパワーメダリストでも、その日によって実燃費に違いがでてきます。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

実燃費を毎回記録しているならわかるかもしれませんが、記録をするたびに違う実燃費になります。

そもそも、eパワーとはエンジンを発電させて、モーターだけで走行をします。

確かにシステム自体だけを見ると、燃費は良さそうに感じます。

日産ノートeパワーメダリストに関しては、余り期待しないほうが良いかもしれませんね。

他の口コミを参考にすると、以下のような声もあります。

「エコモードを使わなくても20km/Lは十分でしょう」

「平均22から23キロ/Lです」

「燃費はフィットやアクアのほうが良い燃費悪すぎ!」

 

燃費の良い走行というのは、ノロノロ運転が一番だというイメージが強いかもしれません。

普通のエコカーでも吹かして加速をしても、エコカーではない車よりは燃費は良くて、同じ走りをして普通の車より下回ることはありません。

同じ条件下で走行をしてもエコカーは、普通の車よりも燃費が良いのです。

日産ノートeパワーメダリストも、走りを意識しなくても普通に「20km/L」という実燃費を記録するので、神経質に走りに拘る必要はないと言えます。

これまで、エコ運転という名のノロノロ運転をしてきた人にとっては、日産ノートeパワーメダリストは常識を覆す車になるでしょう。

また、都市部と田舎では実燃費は、大きく違いが出てきます。

たとえば、都市部では「10km/L」しか出せなかったとしても、全く同じ車でそのまま田舎道を走ると「20km/L」の実燃費を出すことがあります。

田舎道で「20km/L」も出せないという場合は、運転のやり方が悪いのかもしれません。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

ノロノロ過ぎても逆に燃費が悪いので、目的の速度まで一気に加速して目的の速度を、一定に保つようにすると良いでしょう。

このときの速度の誤差は時速「1キロ~3キロ」以内で、安定した走りを意識してください。

時速5キロから10キロも、速度が上がったり下がったりすると、燃費は悪くなる傾向にあります。

私が実際に街中で運転をしていると、前方を走る車の速度が時速5キロから10キロほど、減速したり加速したりする車に出会うことが多いですね。

そういう車の後ろについてしまうと、どうしても車間距離を多めにとり一定速度で走るしかありません。

とはいえ、一定速度で走っていると誤差が大きいので、追いついてしまうということも多々ありますね。

そういう車に付き合って、加速したり減速したりすると余裕で「20km/L」を超える車でも、「10km/L~15km/L」くらいの燃費まで下がります。

つまり、運転のやり方によっては、実燃費は大きく変化するので一度見直してみましょう。

車が一番燃費が良いのは、高速道路と田舎道です。

普通に走行をしていても、実燃費はかなり良くなる傾向にあります。

 

スポンサードリンク

日産ノートeパワーメダリスト口コミ・評価


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

日産ノートeパワーメダリストの口コミでは、以下のような声もあります。

「峠道を走るのは本当に楽しいです」

「加速性能は素晴らしいです。」

「街乗りの時は加速が制限速度までスムーズに加速します」

「トルクがあり、後ろからV6のスカイラインに押されている感じ?」

 

日産ノートeパワーメダリストは、加速が良いという評判が多く加速に関してだけは高評価です。

峠などを走る場合も、パワフルに加速するので本当に楽しいということです。

某有名なアニメでイニシャルDなどに、登場してもおかしくないレベルだと言えます。

日産の電気自動車リーフを運転したことがありましたが、たしかに驚くほど加速は良いですね。

昔に乗った日産のスポーツカーほどではありませんが、加速感だけならシルビアのターボくらいではないでしょうか。

日産のかつてのコマーシャルで、スポーツカーと競争するシーンがありました。

あれは誇大表現に感じましたが実際に乗ると、たしかにそうかもいしれないと思ってしまいますね。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

日産ノートeパワーメダリストのエンジンスペックは、最高出力「79PS/5400rpm」最大トルク「10.5kg/m/5200rpm」です。

基本的に普通のコンパクトカーのスペックで、もっと言えばノーマルのスイフトよりも劣ります。

ですが、モーターの力が加わっているので、加速は普通よりも加速が増しているので、体感速度はエンジンスペック以上になります。

ディーラーによっては、やらないかもしれませんが1日試乗キャンペーンというのを、近隣の日産ディーラーがしていました。

私はすかさず参加をして試乗をしたのですが、日産ノートeパワーメダリストの加速はシルビアのターボより若干遅い感じがしました。

気分の問題かもしれませんし、シルビアのターボと言ってもチューンアップしている車との比較なので、余り参考にならないかもしれません。

ちなみに、シルビアのターボは「ブーストアップ1.5くらいにセット」「エアクリーナー(むき出しタイプ)「CPU交換」など、色々としていましたね。

燃調コントローラーも取り付けていて、変速時は「パッシュン!」と鳴り響かせていた時代もありました。

しかし、そういうチューンアップした車と日産ノートeパワーメダリストが、ほとんど互角の走りをするというのはすごいことだと感じます。


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

当時のシルビアも決して安くはないですが、30万円くらいのチューニング代をプラスすると日産ノートeパワーメダリストよりも値段は、はるかに高くなります。

そういうことを考えると、日産ノートeパワーメダリストを買えば、走りも十分楽しめる車を安く買うことが出来るということになります。

日産ノートeパワーメダリストは、電気自動車と同じくらいの加速を体感できます。

市街地走行や高速道路でも、アクセルの踏み増しをするとレスポンスよく反応して加速を開始します。

力強い加速なので気持ちの良い走りを、体感できます。

走りにもこだわりたいという人は、日産ノートeパワーメダリストを買っても後悔は少ないと言えます。

燃費と走りも両立したいという人にも、もちろんお薦めします。

日産eパワーメダリストの実質燃費・評価・口コミまとめ


引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

日産eパワーメダリストの実燃費は、がっかりするほど悪いわけではありません。

市街地を走って「満タン法で22.64km/L」と言う声もあるので、実燃費はかなり良いほうだと言えます。

確かに、プリウスやアクアと比較すると、燃費は悪くなります。

同じハイブリッドでも燃費重視なのか、走りを重視しているのかによっても実燃費は大きく変わってきます。

プリウスやアクアは走りを犠牲にして、燃費を上げている車です。

しかし、日産eパワーメダリストは走りにもこだわっているので、燃費と加速を両立した形になっています。

ハイブリッドでも日産eパワーメダリストの場合は、プリウスとはシステムが違います。

走りも燃費も満足したいという場合は、日産eパワーメダリストを買っても良いかもしれません。

実際に試乗をして判断をしてみるとよいでしょう。

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。