新型日産ノートのバッテリーサイズやオススメのバッテリーを紹介!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

ここでは、新型日産ノートのバッテリーサイズやオススメのバッテリーを紹介したいと思います!

バッテリーを定期的に交換して、安心したドライブを楽しみましょう!

スポンサードリンク

日産ノートバッテリーサイズ

https://item.rakuten.co.jp/creer/hv-l2/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

 

ここでは、日産ノートのバッテリーサイズを紹介したいと思います。

適合表を確認して、オートバックスなどで購入すると安価で取り付ける事ができます。

自分で交換しても良いでしょう。

2016/11以降 DAA-HE12 ENJ-355LN1 e-POWER Sグレード 1200cc ハイブリッド車
ENJ-375LN2 e-POWER Xグレード
e-POWER メダリストグレード
e-POWER NISMO
2012/9以降 DBA-E12 Q-100 アイドリングストップ車
DBA-NE12 80B24L 充電制御車

 

 

ENJ-355LN1 ENJ-375LN2
公称電圧 12V 12V
20時間率容量 45Ah 51Ah
最大外形寸法 W207×D175×H190 W242×D175×H190

 

LN1バッテリーサイズ:高さ190mm×幅207mm×奥行き175mm

LN2バッテリーサイズ」高さ190mm×幅242mm×奥行き175mm

最初に搭載されているバッテリーはLN2サイズだと思いますので、それに合ったものを選びましょう。

トランク後方にバッテリーが搭載されているので、一度自分のクルマのどこにバッテリーが搭載されているのかを確認しておいた方があとあと何かあった時にも安心です。

また、自分で交換するのが不安な人はオートバックスなどの量販店かディーラーで交換してもらうと安心です。

 

https://images.app.goo.gl/R9YBmkZ5wKCTBP3g7

 

スポンサードリンク

日産ノートバッテリー費用工賃

https://images.app.goo.gl/JaueWHvzeWwxLZrx9

 

日産純正Q-85はだいたい25000円〜35000円となっています。

通常の量販店では10000万円くらいからあるので、かなり割高ですがディーラーで取り付けをしてもらえるので安心ですね。

交換時期も2年に一度なので、点検がてらに交換すれば、まあそれほどの出費でもないでしょう。

バッテリーの各店舗の交換費用はだいたい以下の通りです。

ディーラー 1,080円~2,000円程度
オートバックス 540円~
イエローハット 540円~
ガソリンスタンド宇佐美(ENEOS等) 540円~

日産ディーラーだと、コンピューターに繋いで正確に交換してくれますから、筆者なら間違いなくディーラーで交換します。

交換履歴もしっかりと残るので、売却するときもディーラー整備車として高値がつくでしょう。

最近のバッテリーはナビやETCやインフォテインメントシステムやらと、やたらとバッテリーに負担がかかるのでディーラーでの交換が安心です。

ディーラー整備で帰って来たクルマと同じ安心感と言えば分かってもらえるでしょう。

交換費用はディーラーだと、だいたい4万円前後、自分で行う場合は2万円前後と言ったところでしょう。

2年に一度くらいの交換なので、このくらいの出費は仕方ないと思います。

絶対にバッテリーでは止まらない、という安心感の方が価格よりも遥かに大きいのです。

https://images.app.goo.gl/7vADXDnCnhJmYfqR6

 

スポンサードリンク

日産ノートバッテリー寿命

 

https://images.app.goo.gl/1gASFPTdfTNZZYsA8

 

日産ノートの12V鉛バッテリーは、リーフと同じく電装品への給電とエンジン、システム起動、ハイブリッドシステムの制御や起動などに使用されます。

12V鉛バッテリーが寿命となり、電圧が下がると制御システムの起動が出来なくなるので、注意が必要です。

標準装備されているバッテリーは、ルノー日産マークのハイブリッドの規格のL2型です。

こちらはメインのリチウムイオンバッテリーと違い、普通のバッテリーですので定期的な交換を必要とします。

バッテリーの点検・交換の目安は2年ごとです(日産公式より)。

ノートe-POWERのシステムでは駆動用バッテリー(リチウムイオンバッテリー)より補機バッテリー(鉛V12バッテリー)の方を優先的に充電するようなっているます。

ですので、このバッテリーが弱ってしまうと、こちらばかりに充電をしてしまうことになるため駆動用バッテリー(リチウムイオンバッテリー)への充電効率が悪くなってしまうために燃費が落ちることになります。

そのため、定期的にバッテリーを交換した方が安心です。

バッテリーは同規格のものがオートバックスイエローハットなどで売っているので、それを使用すれば、純正バッテリーより安く交換することができます。

補機バッテリーはリヤハッチを開けた所の、リヤラゲッジスペースの床下、車載工具が収められているところに一緒に付いているので交換作業は後ろから行います。

日産ノートの補機バッテリーの交換作業は、一般の車のように付け替えるだけでは使用できません。リセット作業をしなければなりませんので、ディーラーで行う必要が出てきます。

自分でも交換できますが、このようなシステムが関係してくるクルマの場合はディーラーにお願いするのが安心だと思います。

ただし、ディーラー純正品は高価になるため、自分でバッテリーをオートバックスやイエローハットやネットなどで購入してから、ディーラーに持ち込むと安く取り替えることができます。

信頼できるメーカーは、パナソニックやGS YUASAになります。

https://images.app.goo.gl/HAfsrXUbdMFnR61VA

 

日産バッテリーオススメ

ネットで見ると日産ノートにはパナソニックのバッテリーが人気です。

サイズと規格をよく確認してから交換しましょう。

メーカーはパナソニックとGS YUASAが人気になっています。

anasonic Blue Battery caos N-60B19L/C6

https://minkara.carview.co.jp/userid/2775385/car/2369498/4756252/note.aspx

このパナソニックのバッテリーはネットでも安く売られていて、かなりポピュラーなバッテリーと言えそうです。

価格も価格なので耐久性いついては疑問ですが、普通に使う分には十分だと思います。

自分で交換するか、ディーラーに持ち込んで取り付けてもらってもいいですね。

 

こちらは信頼のバッテリーメーカーである、GS YUASAのバッテリーです。

GS YUASA ECO.R REVOLUTION Q-85/95D23L 

https://minkara.carview.co.jp/userid/664236/car/1706225/8900694/parts.aspx

こちらのバッテリーは少し高価ですが、わざわざこのバッテリーにする拘りの人も多いです。

安価なものよりも安心感があるので、安心感を買うと思えば高くはないと思います。

 

アイドリングストップ車用バッテリー(Q−85)

http://www.nissan.co.jp/SERVICE/MAINTE/SHOMOHIN-BATTERY/

 

日産純正のバッテリーです。

アイドリングストップ車におすすめ

  • アイドリングストップ機能に適した高い充電・放電性能と耐久性能

  • 保証期間:25か月または40,000km

こんな方へおすすめ

  • アイドリングストップ車

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。