日産ノートのフルモデルチェンジは2020!?最新情報!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

ここでは、2020年にフルモデルチェンジの噂のある、新型日産ノートについて紹介したいと思います!

スポンサードリンク

日産ノートが新型にフルモデルチェンジ。どんなクルマ?発売時期は?

2020年の夏頃に発売との噂もある、新型日産ノートですが、デザインはキーコンセプトになると言われています。

https://carmuse.jp/note-fmc

エンジンは、新開発の1.2リッター3気筒ユニット+スーパーチャージャーで、さらなる燃費の向上とパワーの両立を図っています。

同族関係にあるルノーは1.2リッターターボのルノークリオ、メガーヌがありますが、ターボとスーパーチャージャーの違いはあれど、ルノー日産の1.2リッターエンジンは更なる進化を期待できそうです。

なぜ、日産がスーパーチャージャーを使うのか分かりませんが、もしかしたらターボを採用する可能性もゼロとは言えないですよね。

鳴り物入りで登場したe-POWERでしたが、エンジンが常に回りっ放しで静粛性に問題がありましたが、完全新作の今回のノートはそのあたりも改善してくると思います。

ワンペダルドライブを可能とするeペダルはさらに使いやすくなります。

回生ブレーキの充電効率もアップして、燃費にも貢献し燃費はリッターあたり40km/Lを狙います。

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/performance_safety.html#advanced

 

新型ノートには、新型スカイラインに搭載した「プロパイロット2.0」も搭載される可能性があります。

プロパイロットは高速道路複数車線に対応することでレーンチェンジを含む自動走行が可能になる機能です。

その他、以下のような安全機能も充実させてくると思います。

◯インテリジェント エマージェンシーブレーキ

◯インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)

◯インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

◯踏み間違い衝突防止アシスト

◯VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])

日産のプロパイロット2.0アラウンドビューモニターは大型セダンから軽自動車のデイズにも搭載されていて、その完成度の評価は高いです。

最新のノートe-POWERには、ぜひとも付けたい装備の一つです。

さらにトヨタが対策に乗り出して、話題になったアクセルの踏み間違い衝突防止アシストなども装備されます。

これは、運転者の高齢化やクルマのEV化や自動化になるにつれて、ますます必要な機能かもしれませんね。

なお、米国でも発売していた、日産ノートですがハッチバックの発売は中止してセダンのみの発売となるそうです。

米国では日産アルティマなどの人気も高いため、このような小型セダンの需要もあるという選択だと思います。

日本ではセダンはあまり人気がないので、米国とは反対ですね。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety.html

 

スポンサードリンク

新型日産ノート価格・スペックは?

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

新型日産ノート予想スペック

予想スペック
全長 4,150mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,620mm
車両重量 1240kg
エンジン 1.2L直3DOHC+モーター
総排気量
エンジン出力 80ps/10,9kgm
モーター出力 112ps/26,2kgm
駆動方式
トランスミッション FF or 4WD

 

新型ノートはキーコンセプトで、サイズは5ナンバーサイズで、日本の立体駐車場に収まる全高1525mm程度になると予想します。

全高も低くなり走行性能もアップしています。最近ではメルセデス・ベンツAクラスやBMW 3シリーズやVWゴルフなども全高を低く設定してきており、走りと室内空間の両立が現在のトレンドになっているようです。

やはり、注目はエンジンとモーターの出力アップです。

より高効率のエンジンにより燃費も伸びて、モーターのパワーもさらに力強くなります。

日産の小型エンジン技術には定評がありますから、どんな低燃費エンジンを出してくるのか注目です。

その他、日産にはまだまだ技術の隠し球があるような気がしてなりません。

プロパイロット2.0を搭載してくるとしたら、現行型では不満の声も多かった高速道路走行も改善されてくるでしょう。

もともと、日産ノートは長距離や高速道路は苦手なクルマではありませんでしたが、燃費や静粛性には多少の問題がありました。

新型ではそのあたりも改善してきて、静粛性の向上でどこまでEVに近づけるのか、注目したいですね。

燃費はリッターあたり40km/Lを謳います。

 

新型ノート予想価格。

  • ノート: 約170万円〜200万円
  • ノート e-POWER:約200万円~280万円

価格も現行型とほぼ同等になると予想します。

現行型で一番人気のある、ノートe-POWER Xとメダリストはそれぞれ、約200万円、250万円くらいになると思います。

4WDは割高になりますが、2WDでも不満のない性能を発揮します。

ニスモは300万円前後になると思います。

ニスモはどんなパワーアップをしてくるのか楽しみですね。

日産ノートはBセグメントのクルマとしては割高に感じる価格設定ですが、e-POWERというアドバンテージでどこまでユーザーを納得させられるのか、注目したいと思います。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

 

スポンサードリンク

新型ノートの内外装デザインはどうなる?

    https://c63amg-young.com/2018/12/12/note_fmc/

    新型ノートにスライドドアが搭載されるという噂がありますが、あまり現実味はなさそうです。

    過去にはプジョー1007という、両側スライドドアのコンパクトカーがありましたが、不評のうちに終わりました。

    デザインとしてはカッコいいのですが、ドアが閉まるまで待っているよりも、自分で閉めた方が便利ですからね。

    軽自動車にも最近はスライドドアが付いていますが、安全性に疑問を感じますし、活用している人が多いとも思えません。

    新型日産ノートはコンサバティブな4ドアスタイルになると予想します。

    しかし、日産リーフのように見た目は3ドアに見えるスポーティな外観スタイルで、さらにEV車両で先を行っている日産のクルマらしく、先進的な見た目のエクステリアになりそうです。

    内装デザインは更に未来的なデザインになりそうです。

    これも、日産リーフがヒントになり、最新のインフォテインメントシステムを搭載して、快適な車内となりそうです。

    スマートフォンやタブレットとの連携で、さまざまなアプリを駆使してドライブを楽しむことができます。

    内装はリーフ、ノートともプラスチックを多用した現代らしデザインとなっています。

    エコなクルマだからこそ、あえて素っ気ないとも言えるインテリアを採用しているのか、このクルマに本革の内装はあまり似合わないですね。

    アウディの内装クラスとまでは言いませんが、最近はホンダやスバル、MAZDAの内装のクオリティが上がっていますので、新型日産ノートの内装にも期待したいと思います。

     

    https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/exterior_interior.html

    日産ノートを新車で欲しい!!

    という方は多いはず。

    でも現状を考えると…

    • 新車で購入するのは高い
    • ディーラーを回るのが嫌…
    • 予算がオーバーしている…
    • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

    など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
    いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

    と悩んでいる方は非常に多いです。

    家族や友人に相談しても
    まともに聞いてもらえなず。

    また聞いてもらったところで
    欲しい車に手が届かない。

    そんな方にオススメの裏ワザを
    ご紹介します。

    下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

    下取りは必ず一括査定を使う!!

    ディーラーでは30万円の下取りが、
    買取業者では80万円になることも
    多々あります。

    一括査定サイトを使うことで、
    大手下取り会社の最大10社

    あなたの車の買取価格を
    競ってくれるので、
    結果的に値段が吊り上ります。