日産ノートのオイル交換時期やオイルの種類は!?詳しく解説!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

ここでは、日産ノートのオイル交換やオイルの種類について紹介したいと思います。

最近のクルマはメンテナンスフリーと言われますが、果たして本当なのでしょうか?

日産のオイル交換のアドバイスなども紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

オイル交換は重要?

https://www.nissan.co.jp/SERVICE/MAINTE/#exp

オイル交換はとても大切なことなので、専門的に解説してある日産HPから引用します。

エンジンオイルの基礎知識(日産ホームページより)

https://www.nissan.co.jp/SERVICE/MAINTE/SHOMOHIN-ENGINE/OIL/#oil

オイルは人間の体に例えると血液のようなものです。
汚れたオイルはエンジンの寿命を縮め、焼き付きなどの致命的な故障の原因となります。

エンジンオイルのはたらき

エンジンオイルは、エンジンの動きを円滑にするだけでなく、エンジン内部をキレイにしたり、温度の上昇を防ぐなど、いくつもの役割を果たしています。

  • エンジンの動きを滑らかにして摩耗やサビを防ぐ

  • エンジン内部の汚れを分散してキレイにする

  • 高温になったエンジンを冷やす

放っておくと…

放っておくと…
  • パワーが落ちる

  • エンジンから異音が出る

  • 燃費が悪化

点検・交換の目安
5,000km走行ごと または6か月ごと

5,000kmごとの交換はスポーツカーでない限り必要ないと思いますが、大切に長く乗りたい人はこのくらいのサイクルでしっかりとオイル交換をしている人もいます。

オイル交換をしっかりしていると効果は絶大で、ノートラブルで15万km〜20万kmは普通に走れてしまいます。

https://www.nissan.co.jp/SERVICE/MAINTEPRO/

スポンサードリンク

オイルの種類

 

エンジンオイル選び(日産ホームページより)

https://www.nissan.co.jp/SERVICE/MAINTE/SHOMOHIN-ENGINE/OIL/#oil

搭載しているエンジンのタイプはクルマによって異なり、それぞれに適合するエンジンオイルが用意されています。
エンジン本来の性能を発揮するために、必ず指定のオイルを使用してください。

  • ※詳しくは各販売会社のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

オイル表示の見方

オイル表示の見方

1APIサービス分類

オイル表示の見方

APIサービス分類はオイルの品質分類でアルファベット2桁で表示されます。1桁目は「S」あるいは「C」で始まり、「S」がガソリンエンジン用、「C」がディーゼルエンジン用であることを表します。2桁目はグレードを表し、ガソリンエンジンオイルは現在「N」が最高グレードです。

2SAE粘度

SAE粘度

オイルの粘度を表す番号で、この番号によって、使用条件に最適な粘度のオイルを選ぶことができます。

ノートe-POWERの日産純正のオイルは一番高品質なSN規格の、0W-20になっています。SNストロングセーブ・X 0W-20

 

SNストロングセーブ・X 0W-20

ノートで標準的になっている純正オイルです。

e-POWERとスーパーチャージャーなしモデルは0W-20、スーパーチャージャー付きモデルは0W-16、1.6リッターエンジン搭載のニスモSは5W-30で、銘柄は全てSNストロングセーブ・Xとなっています。

SN規格なので、安心して使用できます。

SNストロングセーブ・X 0W-20
https://www.nissan.co.jp/SERVICE/MAINTE/SHOMOHIN-ENGINE/0W-20/

近年の新型車の多くに使用されている省燃費オイルです。

  • ※0W-20オイルは指定車専用のオイルです。
  • 低粘度オイルで燃費回復!

  • 0W-20は低粘度の“さらさらオイル”

特長

低粘度の”さらさらオイル”で燃費回復

POINT
低粘度の”さらさらオイル”で燃費回復!

オイルの粘度が低ければ抵抗が少なくなりエネルギー効率が向上。
高い省燃費性能が得られます。

ノートでは車種ごとにオイル粘度も変わってくるので、対応表を確認しておくと良いでしょう。

 

スポンサードリンク

オイル交換時期

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior.html

オイルはクルマの調子を保つのに最も大切な要素です。

とりあえずエンジンオイルだけ変えておけば、電子機器以外でのトラブルを回避できるのです。

わずかなオイル代をケチったばっかりに大事な場面で故障してしまわないように、しっかりとオイル交換はしておきたいものです。

では、日産推奨のオイル交換時期などを紹介したいと思います。

以下は、日産ノートのオイル交換表です(日産ホームページより)。

https://www.nissan.co.jp/AP-CONTENTS/POSTOFFICE/ANSWERS/34773.html

2016(平成28)年11月 一部仕様変更・e-POWER車追加 ~ 現在

交換時期 ※1 ※2 規定量 オイルの種類・粘度
オイルのみ交換 オイルとフィルター交換 オイルのみ
交換時
オイルと
フィルター
交換時
通常
使用
シビア
コンディ
ション ※3
通常
使用
シビア
コンディ
ション ※3
e-POWER
1200cc
(HR12DE-EM57)
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
約3.2L 約3.4L 日産純正SN ストロングセーブ・X
(API:SN、SAE:0W-20)
エコスーパー
チャージャー
無し車
1200cc
(HR12DE)
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
約2.8L 約3.0L 日産純正SN ストロングセーブ・X
(API:SN、SAE:0W-20)
エコスーパー
チャージャー
付き車
1200cc
(HR12DDR)
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
約3.3L 約3.5L 日産純正SN ストロングセーブ・X
(API:SN、SAE:0W-16)※4
NISMO S
1600cc
(HR16DE)
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
1年/
15,000km
6ヶ月/
7,500km
約4.1L 約4.3L 日産純正SN ストロングセーブ・X
(API:SN、SAE:5W-30)
  • ※1交換時期は走行年月もしくは走行距離のいずれか早く到達した時点です。
  • ※2自家用乗用、レンタカー、事業用の場合も交換時期は同じです。
  • ※3シビアコンディションとは、走行距離の約30%以上が以下の条件に該当する場合です。
  • 悪路
  • 山道・登降坂路
  • 短距離走行の繰り返し(走行距離:8km以下/1回走行)
  • ※4指定銘柄以外のエンジンオイルをお使いになる場合には、粘度:SAE規格 0W-20をご使用ください。
  • グレード:API規格SNをお使いください。ILSACマークのついたものをお勧めします。

日産のノートは一年に一回の交換で走行距離は15,000kmとなっていますね。

ただ、日産のワンポイントアドバイスでは、半年に一回の交換となっているので、一年というのは最も遅くても、という意味だと思います。

ディーラーの点検整備の時に一緒にオイル交換をしてもらうと便利です。

最近のクルマはコンピューター診断などを行うので、自分で交換するよりもディーラーでオイル交換をした方が確実で安心できるのでオススメです。

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior.html

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。