日産ノートナビサイズやオススメのナビやオススメのスピーカーを紹介!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

ここでは、日産ノートのオススメのナビやオススメのスピーカーを紹介したいと思います。

日産のアラウンドビューモニターに対応した機種など、最近のインフォテインメントシステムにも対応したナビには注目です。

室内が快適で静粛性の高い、日産ノートはリスニングルームとしても最適です。

ノートにはどのようなスピーカーが良いか紹介します!

 

スポンサードリンク

日産ノートナビサイズ

https://images.app.goo.gl/CgfFtg1iUhCFYdCA9

 

日産ノートのナビサイズは、7インチから10インチくらいまでのサイズが定番になっています。

セレナは純正で10インチのナビゲーションシステムがありますが、すごい迫力ですね。

ノートの場合は平均で7インチから9インチくらいではないでしょうか。

最近はテスラやトヨタのプリウスのように縦型の大画面液晶を備える車も増えてきたので、大画面は珍しくないかもしれませんが、純正品というのは魅力的です。

現在の日産ノートはダッシュボード中央に画面を据える、コンサバティブなタイプですが、次期型はさらに進化したものになるかもしれないですね。

しかし、ハッチバックは日本を中心とした販売にする予定なので、コンサバティブなタイプを望む日本は、誰にでも使いやすい現行型のナビタイプになる可能性も高いです。

最近の欧州車の車内ディスプレイの特徴は、メーター内にディスプレイを備えていて、ナビやスピードメーター、タコメーターなどを表示できるようになっています。

サブのディスプレイはそのメーターの隣あたりに付いているものが増えました。

現在のだいたいのナビは中央の少し下についているので、見るときに一瞬視線が下に行ってしまうので、安全面でも不安がありますよね。

日産でも、来年以降はそのような近未来型のナビが登場するかもしれないですね。

現在の日産ノートには、純正の7インチ高精細ディスプレイが一番適していると思います。

社外品ならいろいろなサイズのナビがあると思いますが、ステーなど専門のパーツも必要になってくるので注意が必要です。

ネットでそのような情報交換をしているのを見たりしますが、正しい情報に辿り着くまでに時間がかかります。

今はiPhoneやiPadでも十分に車のナビになりますから、今までのナビ一辺倒で考えていると時代に乗り遅れてしまいます。

 

https://images.app.goo.gl/iLuJ8CfSzkmZPYDB6

 

スポンサードリンク

日産ノートオススメスピーカー

純正のスピーカーではやっぱり物足りないと感じる人もたくさんいると思います。

今は、iPhoneやiPadを繋いでAppleミュージックやスポティファイを聴く人も増えました。

そこで、社外のスピーカーユニットの出番です。

アンプなどは、純正のナビゲーションシステムであっても、スピーカーを社外品に変えるだけで、驚く程によい音が出ます。

ここでは、オススメのスピーカーを少し紹介したいと思います。

 

アルパイン

ナビゲーションでも紹介したアルパイン製のスピーカーです。

ナビゲーションとの相性も良く、すぐれた音響環境を提供します。

アルパインはナビ、スピーカーともに人気があります。

  • X-170S
  • 標準小売価格 ¥32,000(税別)
  • 17cm セパレート2ウェイスピーカー14年振りのDDリニアのフルモデルチェンジ・
  • 17㎝セパレート2ウェイスピーカーあらゆるジャンルの音楽に対応し、リアルな音場空間とアーティストの息づかいが感じられるスピーカーです。

 

 

https://www.alpine.co.jp/products/speaker/X-170S

 

JBL GX600C 

 

https://minkara.carview.co.jp/userid/2892568/car/2511199/8913743/parts.aspx

 

オーディオの老舗である、JBLはのスピーカーです。

マルチエレメント・スピーカーとコンポーネント・システムのツィーターと最新式の2ウェイ・クロスオーバー・ネットワーク用のセカンド・オーダー・フィルターを採用しています。

その結果スピーカーをチューニングする際の柔軟性と精度をプラスしています。

スピーカーの老舗らしく拘りを感じますね。

チューニングは専門のショップで行えば、ユーザーの好みの音質に設定してもらえます。

さらに高品質のクロスオーバー・ネットワークにより、JBLのスペシャリストがJBLサウンドをチューニングする際に、スピーカーのアコースティック特性を考慮することも可能になっています。

JBLプロショップではこのような、専門的なチューニングも行っているようです。

アコースティックで良い音を出すには、かなりの技術がいると思いますので、より専門的なショップが必要です。

もちろん、簡単に取り付けだけでも、純正とは比べ物にならない程いい音を奏でます。

スピーカー交換は、内装のカスタムとしては手軽で効果もあるのでオススメです。

 

スポンサードリンク

日産ノートオススメナビ

 

アルパイン 大画面9型ナビ ビッグX(X9Z-NT-AM)

 

2016年以降の日産ノートで、オートエアコンを装備している車種に対応しています。

価格はオープン価格で、20万円前後くらいはするのではないでしょうか?

高品質液晶の9インチ画面を持ち、動画やテレビ、DVDを高画質で再生することができます。

日産純正のインテリジェント・アラウンドビューモニターに対応していて、クルマの周囲の映像を9インチ液晶に映し出します。

また、声で周辺情報や目的地の設定ができる、「ボイスタッチ」機能を搭載しています。

この手のシステムはメルセデスベンツのBMUXなど、国内外のクルマで対応が進んでいる機能で、サードパーティ製ナビも例外ではないようです。

純正ナビよりも、大きい画面は魅力的です。

アルパイン 日産ノート専用大画面9型カーナビ ビッグX(X9Z-NT-AM)
                  https://response.jp/article/2019/06/07/323213.html

ナビレコお買い得パック(MM319D-W)+ETC2.0

日産オリジナルナビゲーション(純正)、フルハイビジョンに対応+ドライブレコーダー+ETC2.0のセットです。 
 7インチの高精細ディスプレイを備えた純正ディスプレイは、ドラレコとETC2.0もセットになっています。
 
純正ということで、ディーラー装着できる所が魅力ですね。
価格は15万円前後になっています。
NissanConnect マイカーアプリ(別途契約が必要)をダウンロードしていれば、アプリからクルマのドアをロックしたり、駐車位置を確認したりできます。
 また通信アダプタ(音声対応版)で24時間365日、いつでもオペレータによるサービスが受けられます。
日産車に乗るなら、NissanConnectに加入するのがいいかもしれませんね。
                    https://images.app.goo.gl/M79MBakdxy5RVujX6
             
 ここでは、ナビの種類やナビサイズ、スピーカーについて紹介してきました。
現在のナビはワンセグからブルーレイの視聴や動画などさまざまなマルティメディアに対応しています。
そうなってくると、ノーマルの音響設備だとそれなりの音しか出ませんが、スピーカーやナビを最新の物にすると、驚く程変わります。
これが本来の性能だったのでは、と気づくのです。
家庭のイヤホンやヘッドホン、オーディオシステムでもそうですね。
例えば、スマホの純正のイヤホンで言えば、BOSEなど海外の有名メーカーの品を一度使うと、もう純正のイヤホンには戻れません。
多くの人は付属品で満足していますが、身近なところに別世界の体験が存在するのです。
価格も安いですし、クルマのスピーカー交換もオススメです。

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。