日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア安全装備を比較!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

そろそろ各社のBセグメントコンパクトもフルモデルチェンジの時期がやってきました。

ここであらためて、日産ノート、ホンダフィット、トヨタアクアの安全装備などを比較してみたいと思います。

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア 安全装備

日産ノート

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior.html

日産のホームページには予防安全性能評価の性能の高さを謳っています。

予防安全性能とは、例えば前進、後退時のペダル踏み間違い時加速抑制や車線はみ出し抑制機能や被害軽減ブレーキ(対車両、対歩行者))などの性能の総合評価を点数化して、公表したものです。

よく見ると、被害軽減ブレーキの性能などは満点に近いですが、要は決められた基準は満たしていると言ったものに過ぎません。実際に街中でこのようなブレーキで事故を免れたという話はあまり聞いたことがありません。実際には、このような機能が作動していたのかもしれませんが、その点についての報道や雑誌での評価というのもあまり目にした事がありません。つまり、現在ではクルマを購入するユーザーに取っては、「なんとなく安心」くらいの項目が、この安全評価なのです。

車線はみ出しや前進、後退の急発進などは、教習所で習う基本的なドライビングテクニックだというのは皆さんもよくご存知のように、基本中の基本です。これは、クルマに助けてもらわなくても、まず自分や乗員の命を守るためには、当たり前のテクニックで当然身に付けていなくてはならないものです。

そうすると当然、慣れたドライバーは車線を少しはみ出しただけで、アラームが鳴ったり、前進や後退時に制御が働いて、止まったりしていては、「ちょっとめんどくさいな」と思わざるを得ないのです。

結局、一番乗員を守ってくれるのは、ボルボのような基本的な車両の骨格がしっかりとした、衝突安全性能の高いクルマでしょう。そういうボルボでも、このような最新の安全装備の搭載も当たり前ですから、国産のクルマがそれらに追いつくのは大変なことだと思います。

となると、国産車で、最も骨格(ボディ)がしっかりしているのはどのクルマか?という事と、各社の同じような安全装備を重箱の隅をつつくように、細かく比較するしかないのではないかと思います。

日産「ノート」は
平成30年度自動車アセスメント(JNCAP)において
予防安全性能評価で、最高評価となる「ASV+++(トリプルプラス)」※を獲得

※「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「LDW(車線逸脱警報)」「前方歩行者検知機能付の踏み間違い衝突防止アシスト」
「ハイビームアシスト」「アラウンドビューモニター」機能搭載車。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

ホンダフィット

https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

hondaのホームページでは、予防安全性能と衝突安全性能をそれぞれ詳しく紹介していました。日産と違い、いきなりの好印象です。ホンダはホンダ自慢のホンダセンシングという先進安全性能を売りにはしていますが、このように基本的なエアバッグや車体骨格の強さを売りにもしています。こちらの方が明らかにユーザーからの信頼を得られると筆者は思います。hondaは過去にS2000でも走りの為に普通ではあり得ないボディ剛性のボディを作り上げ、走りを高めました。そして、現在は乗員や歩行者などの安全の為にボディ剛性を高める努力をしていると分かります。気軽にホームページでそれらを知れることはユーザーにとっては大きいと思います。自動車としての基本性能と安全性能、使い勝手などをバランス良くまとめたホンダは、軽自動車で国内ダントツでトップを獲得するのも納得と思いました。

世界初※1を生み出した技術力。
人をやさしく包む、Honda独自のエアバッグ。

エアバッグシステム作動イメージhttps://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/passive-safety/

 

1987年に国内で初めて※2エアバッグシステムを搭載したHonda。
人の安全を第一に考えた視点で技術をさらに磨き上げ、2008年にはエアバッグの容量を連続して
変化させるエアバッグシステムを世界で初めて開発※1
Honda独自のエアバッグとして今なお多くの人の安全を支えています。

衝突安全性能

衝突安全設計ボディー

衝突安全設計ボディーhttps://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/passive-safety/

ボディー構造モデル

 

トヨタアクア

https://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior

トヨタのホームページも、予防安全性能と衝突安全性能についての詳しい説明がなされていて、ユーザーに分かりやすく安全なクルマだとアピールしていた点が好印象です。トヨタ自慢の衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ”GOA”とトヨタセーフティカーサポートで、より安全なクルマを作り上げています。いち早く、急発進の抑制機能を搭載したのもトヨタで、さすがは日本のリーディングカンパニーだと思います。規模的にも世界のVWに匹敵するトヨタですから、開発費用も莫大で、ボディひとつ取っても国内の他社とは違った印象を与えてくれます。それは走りにも現れていて、トヨタアクアはコンパクトカーらしからぬ走りを与えてくれます。欧州では、どちらかというとアクアよりも、上のクラスのCセグメントハッチは主流ですが、日本で使う場合はこのアクアのサイズがベストだと思います。そのため、トヨタの力の入れようもかなりのものになっています。走りと安全性能など、総合的なバランスではトヨタが一歩リードしていると思います。

 

踏み間違えても衝突回避を最優先にサポート。
インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]
https://toyota.jp/aqua/safety/?padid=ag341_from_aqua_navi_safety
アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加しました。ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。低速走行時(15km/h以下)に進行方向にある静止物を検知している場合、ハイブリッドシステム出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキが作動します。
https://toyota.jp/aqua/safety/?padid=ag341_from_aqua_navi_safety
合計6つのSRS*1を設定しています。
全方位コンパティビリティボディ構造
https://toyota.jp/aqua/safety/?padid=ag341_from_aqua_navi_safety
衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA”
WILコンセプトシート(運転席・助手席)
https://toyota.jp/aqua/safety/?padid=ag341_from_aqua_navi_safety
後方から衝突された際に、背中がシートに沈み込み、頭と背中を同時に支えて頸部への衝撃を緩和する構造をもったWIL*1コンセプトシートを採用しています。
*1. WIL[頸部傷害軽減]:Whiplash Injury Lessening
スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア 安全装備評価

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/blackarrow.html

 

1位 日産ノート ☆☆☆☆☆

2位 ホンダフィット ☆☆☆☆☆

3位 トヨタアクア ☆☆☆☆

クルマの性能では、トヨタアクアがダントツでトップだと思いますが、発売時期がアクアが一番古く、最新のものは日産e-POWERとなっていて、CMなどで見るように最新の予防安全技術を搭載しています。そういう意味では、地味なボディ骨格やエアバッグをアピールするよりは、ユーザーには伝わりやすいかもしれないですね。実際にノートe-POWERはその走行性能と燃費や安全性能が評価されて国内販売ナンバーワンの座を一時期獲得しました。

そういう意味で、ノートを1位にしました。レーンキープアシストで実際にステアリング支援をしてくれるのは、ノートとフィットです。アクアはアラームでの注意を促します。その点は、古さが影響していますが、時期アクアでは最新の予防安全技術を搭載してくると思われます。

という訳で、2位はホンダセンシングを搭載したフィットとしました。ホームページでも別ページでホンダセンシングを分かりやすく説明するなどユーザーフレンドリーな一面を見せていますし、実際の性能も高いと思います。

3位はトヨタアクアです。アクアはこのクラスの先駆け的なクルマで、モデルチェンジせずにここまで来たので仕方ない部分もあると思います。しかし、クルマとしての基本性能は一番高いと感じます。筆者なら、総合的に判断してアクアを選びます。

https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

 

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア まとめ

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications/sp.html

 

これらのモデルはそろそろフルモデルチェンジが近いため、購入するなら時期モデルがいいのではないでしょうか。特に日産はプロパイロット2.0などの技術で他社よりも先を行っています。時期ノートはさらにすごい技術を搭載してくると思われます。

しかし、このような車種の比較サイトを見てみると、走りやラゲッジルーム、燃費、安全性能など、まんべんなく比較している様子がよく見られます。ユーザーによって、そのクルマのどこに惹かれるかは千差万別で、どのユーザーが見てもある程度の欲しい情報が手に入るように配慮しているのでしょう。

筆者の場合は、まず基本的なクルマの性能を第一に考えます。その次に、最新の予防安全や衝突安全、外観、燃費などを考えます。なぜかと言いますと、さまざまな装備よりもまずは、本人の基本的な運転が身を助けるを思っているからです。その次に、運転アシスト機能に助けてもらうという考えです。

それでも、クルマには所有する楽しさを連想させるようなものも必要です。今は軽自動車が主流でどのメーカーも力を入れています。そのため、このクラスのノート、フィット、アクアは今の軽自動車ほどの楽しさを感じさせるクルマはありません。次のフルモデルチェンジで各社がその「楽しさ」をどのように表現してくるのかも注目です。当然、安全装備は各社充実させてくるでしょう。

現在のこの3モデルなら、筆者はトータル性能とクリーンな外観でトヨタアクアに一番惹かれます。

https://toyota.jp/aqua/exterior/?padid=ag341_from_aqua_navi_exterior

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。