日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクアサイズ徹底比較!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

日産ノートとホンダフィットとトヨタアクアのサイズを比較したいと思います。

5ナンバーサイズコンパクトで使いやすいクルマはどれになるでしょうか。

 

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア サイズ

 

日産ノート

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/blackarrow.html

 

全長 4100mm

全幅 1695mm

全高 1520mm

 

トヨタアクア

https://toyota.jp/aqua/grade/s/?padid=ag341_from_aqua_top_grade_s_thumb

 

全長 4050mm

全幅 1695mm

全高 1455mm

 

ホンダフィット

https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

 

全長 3.990mm

全幅 1.695mm

全高 1.525m(2WD)1.550(4WD)

こうして、ノート、アクア、フィットのサイズを比較してみると、日産ノートが一番大きなサイズをしていることが分かります。フィットは全長が一番短いのは見た目からは想像していませんでした。高さはフィットが一番高いですね。対して、アクアはノート、フィットに対して50mm以上も低いで重心も低く、走りがいいのも納得できます。意味もなく車高を高めない所はヨーロッパ的で達見とも言えます。しかし、現在はこのようなコンパクトカーは別にクロスオーバーとして売り出している車種が多いので、きちんと棲み分けをしているのでしょう。例としては、シトロエンC3とC3クロスオーバーやフィアット500とフィアット500Xなどがあります。

全長は日産ノートが一番長くて、フィットよりも100mm以上も長いので後席は広々しています。しかし、アクアも全長はフィットよりも長いですが、フィットの方が後席が広く感じるのはレイアウトの工夫によるところだと思います。このあたりが、ホンダ人気の理由だと思います。アクアはいい意味で真面目で、あらゆる面でバランスの取れたサイズ感と言えます。フィットの4WDは立体駐車場のサイズの限界となっています。アクアなら普段運転しいてる時に、意識することなく駐車や低い所を走れるという安心感があります。アクアはまさにベーシックカーらしいと言えます。ノートとフィットは少し大きなミニバン的なコンパクトカーとなっています。

https://images.app.goo.gl/zYdhNXoMHM59U7BC8

 

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア 室内が広いのは!?

 

日産ノート

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/interior.html

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/interior.html

 

ホンダフィット

https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/cabin/

https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/cabin/

 

トヨタアクア

https://toyota.jp/aqua/interior/space/?padid=ag341_from_aqua_in_space01#

 

こうして見てみると室内は圧倒的にホンダフィットが広いですね。日産ノートは当時CMでは後席が広いというアピールをしていたのですが、現在はホームページでも後席の広さをアピールした写真もありません。可もなく不可もなくと言った感じでしょうか。それでも、アクアよりは明らかに座席の前後空間は広いです。日産ノートは広いと思って購入して、車中泊をしてみたら不便だったという話をよく聞きます。全長は長いですが、車内空間の使い方がホンダの方がうまかったのでしょう。ホンダはセンタータンクレイアウトで低床化し、広い室内空間を作り出しています。アクアは、ハイブリッドカーであるためにリチウムイオンバッテリーを搭載しているためにライバルよりは狭い室内空間になっています。

日産ノートは、センスの良いレザーの内装を揃えています。ここはライバルに対してアドバンテージがあると思います。広さも不便は感じないほどで、室内高も高いので、ひろびろとしています。フィットがあまりに広過ぎるだけで、日産ノートも十分に広い室内を備えていると言えます。4人乗車がなんの不満もなくできるのは、日産ノートとホンダフィットです。アクアは後席下にリチウムイオン電池を搭載してるため、後席が高くなっており、また足下の長さも足りない為に後ろの人は多少窮屈になります。

室内の広さトップ3

1位 ホンダフィット

2位 日産ノート

3位 トヨタアクア

ホンダフィットが1位に輝きました。続いて日産ノートです。室内の高さを除けば、かなりの僅差です。3位はトヨタアクアです。アクアはリチウムイオンバッテリーを搭載している為に、後席が狭いのが響きました。しかし、どれもコンパクトカーとしては不満のない室内空間を持っていると言えそうです。

 

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア サイズまとめ

https://images.app.goo.gl/2RNbbjBDnr12Nu2w5

日産ノートは、例えばnote e-POWERでリチウムイオンバッテリーを搭載していても、ボディや室内が広い為に、アクアのように後席を犠牲にするようなことはありません。ここは日産ノートのセールスポイントだと思います。ノートは圧倒的にe-POWERが人気なので、このグレードで室内も満足できれば、文句なしです。発電の為にエンジンを始動しますが、そのための遮音性も工夫されており、比較的静かな車内をしています。

フィットはその広さも圧倒的ですが、車内も相当静かです。これは、ボディ剛性の高さが影響していると思います。ドアを閉めたときの感覚は一クラス上に感じるほどで、外界と遮断されている感覚が高まります。フィットはノートe-POWERのような飛び道具がない変わりに、広い室内空間とベーシックなクルマとしての魅力に溢れています。

トヨタアクアはサイズも一般的なコンパクトカーで、グローバルで活躍できるよう設計されたことが分かります。走りも、マイナーチェンジする度に良くなっており、スポーティなコンパクトカーと言えるほどに走りの質が上がっています。室内はサイズに忠実で、ノートやフィットに比べると狭いですが、前席は問題のない広さを持っています。ただ、ノートとフィットに比べると頭上が低く感じますが、本来はこれくらいが普通だと考えると反対に一体感を感じて運転しやすいです。

そう考えると、それぞれに一長一短で、アクアはそのハイブリッドの燃費と走りを重視しています。ノートは、e-POWERという独自の機能と、バランスのよい室内を持っています。フィットは、ベーシックなクルマであるけれど、室内空間が圧倒的に広いという長所を持っています。

そう考えると、全てにおいてバランスのいいクルマは日産ノートです。先進の安全機能にe-POWERと広い室内、価格もそれなりにしますが、買って不満のない一台と言えると思います。燃費ならトヨタアクアがダントツです。室内の広さならホンダフィットがダントツですね。

ユーザーがどの部分に魅力を感じるかで、選ぶ車種も変わってくると思います。自分の気に入ったクルマが最終的には一番となることもありますから、実際に試乗して、自分の直感を信じてみるのもいいかしれません。

https://images.app.goo.gl/MMZpSJPYXqSr5tAT8

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。