日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア実質燃費徹底比較!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

日産ノート、ホンダフィット、トヨタアクアの実質燃費の比較をしてみたいと思います。

各社ハイブリッドモデルを用意していて、高燃費が売りのコンパクトカーですが、どのような結果になるでしょうか。

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア カタログ燃費

日産ノート カタログ燃費

https://images.app.goo.gl/QruwDkxPwXm7xJcH8

 

ノート e-POWER メダリスト 34.0km/L

ノート メダリスト(ガソリンエンジン) 26.2km/L

 

ホンダフィット カタログ燃費

https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/ecology/

 

フィット HYBRID〈FF〉37.2km/L

13G・F〈FF/CVT〉(ガソリンエンジン)24.6km/L

 

トヨタアクア カタログ燃費

https://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

 

アクア L 38.0km/L

アクア G S Crossover 34.3km/L

 

アクアは1.5リッターエンジン+THS2ハイブリッドシステムで最高の38.0km/Lのカタログ燃費を出しています。トヨタ自慢のハイブリッドシステムの成果です。日産ノートとホンダフィットはハイブリッドモデルと通常のガソリンエンジンモデルが用意されています。日産ノートは1.2リッターエンジンで発電し、リチウムイオン電池に電気を充電しながらモーターを駆動します。ホンダフィットはトヨタと同じく、1.5リッターエンジンにモーターを搭載して燃費を高めています。ホンダはお得意のi-VTECエンジンでエンジンの燃焼効率を高めてモーターとの相乗効果を狙っています。そのため、通常のガソリンエンジンモデルでもかなりの高燃費を達成しています。

日産ノートの通常のガソリンエンジンモデルは1.2リッターエンジンで、スーパーチャージャーを搭載したグレードもあります。カタログ燃費上は日産の1.2リッターエンジンの方が燃費が優れています。ノートはボディサイズの割には軽量に出来ているのが効いているのだと思います。

この高燃費エンジンに更にモーターを搭載したものが、ノートe-POWERです。走行中は常にモーターでの駆動となり、このエンジンが変わりに発電機に変わります。アイドリングストップなどの技術も加わり、カタログ燃費は34.0km/Lとなっています。ノートがフィットやアクアよりも燃費が悪いのは、常にモーターを駆動している為だと思います。フィットやアクアは、発進時や急加速時などにモーターのアシストが入り、他はエンジンが粛々と回る仕組みなので、多少燃費が良くなっています。そう考えると、EV走行を体験できるノートe-POWERでこの燃費は十分に満足できるものだと思います。

https://images.app.goo.gl/uDVhJnbogrS7afez9

 

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア 実質燃費

ネットで調べた所、平均的に以下のような実質燃費が確認されました。最近は、常に燃費を表示できたりするので、良い燃費を出そうとドライバーが工夫することも増えてきました。燃費を良くする運転ができると、見た目にもカッコいい気がします。

日産ノート 実質燃費

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/blackarrow.html

約20.0km/L

日産ノートはエコモードで走ると回生ブレーキが効き、アクセルを足から離す度に発電し、さらにクルマを減速させることができます。アクセルを多く踏む高速道路のような場面ではエンジンが常に回りっぱなしになっているので、多少燃費は落ちますが、市街地ではモーターが活躍し、さらにアイドリングストップ機能により、高燃費を出す事ができます。シリーズハイブリッドという、EV一歩手前のシステムとはいえ、車体軽量化などにより、ここまでの燃費を出せるのは優秀だと思います。何より、EV走行を体感できる点が日産ノートe-POWERの利点です。

 

ホンダフィット 実質燃費

https://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/driving/

約22.0km/L

ホンダフィットハイブリッドも以外と言っては失礼ですが、トヨタアクアにかなり迫った燃費を出しています。ホンダフィットハイブリッドは、トランスミッションに7速DCTとアイドリングストップシステムを採用しています。この7速DCTは、CVTよりもロスのないシフトチェンジを可能としているために燃費と走りに優れています。欧州のクルマで多く採用されている技術です。

 

トヨタアクア 実質燃費

https://toyota.jp/aqua/performance/?padid=ag341_from_aqua_navi_performance

約23.0km/L

トヨタアクアはこの中では一番燃費がいいクルマです。トヨタのTHS2システムは優れたシステムでその性能はトヨタプリウスで証明されています。発進時はモーターのみで駆動し、加速が乗ってくるとエンジンが始動します。プリウスでおなじみの方式ですね。このシステムが優れているのは、やはりシステムの優秀さにつきると思います。一般の人には分からない複雑な処理を、コンピューターが処理して、モーター駆動とエンジン駆動を臨機応変に切り替えています。最初、トヨタのこのシステムが登場して、技術者の説明を軽く読んだときは、よくもまあこんな複雑なシステムを開発できたものだ、と思ったものです。その後、このトヨタのハイブリッドシステムはモータースポーツで活躍したり、そのトヨタの努力は報われました。現在でも一線級のシステムで、次期型が更に楽しみです。

 

スポンサードリンク

日産ノートVSホンダフィットVSトヨタアクア まとめ

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/performance.html

結果的に燃費ではトヨタアクアが最も優れているという結果になりました。夏場の市街地走行などを頻繁にするような場面ではとても助かります。さすがトヨタと言ったところでしょう。しかし日産ノートはEV走行ができ、2リッタークラスの加速と優れた燃費を併せ持つクルマで魅力としては決して負けてはいません。ホンダフィットはホンダらしくハイブリッドシステムを感じさせない走りで、7速DCTとの加速も相まって走る楽しさを持つ一台です。オーナーの好みによって、日産リーフのようなEVを体感してみたいのなら日産ノートを、とにかく燃費を重視するならトヨタアクアを、走りとその広い室内空間を求めるならホンダフィットを選べばいいと思います。

実質燃費なら、アクア→フィット→ノートの順番になっているので、そのように選べばいいと思います。しかし、運転の仕方次第で燃費も大きく変わってくるのも事実です。エコ運転を勉強して、うまくなればそれだけ燃費も良くなるので、好きなクルマを選んでも間違いではないと思います。日産ノートe-POWERの場合はエコモードで常に回生ブレーキを効かせて、燃費を良くするような運転を心がければいいと思います。アクセル一つで、加速と減速ができるのは新鮮な体験で(ワンペダルドライブ)、慣れれば楽にドライブすることができるのも魅力です。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/performance.html

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。