日産ノート最新の安全装備はすごい!?安全装備についてまとめ!!

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

ここでは、日産ノートの最新の安全装備を紹介したいと思います!

e-POWERも搭載された日産ノートには、どんな装備が追加されたのでしょうか。

スポンサードリンク

日産ノート安全装備 標準

 

インテリジェント クルーズコントロール[グレード別設定]

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

いつでも快適に運転できるようドライバーの負担を軽減します。

30km/h以上での走行時、約30~100km/hの範囲で車速の設定ができます。先行車を検知している場合、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)を上限として、停止~約100km/hの範囲で先行車との車間を保つよう追従走行。つねに車速を制御してドライバーの負担を軽減するとともに、快適な走行を提供します。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

追従走行

自車線の先行車をマルチセンシングカメラが検知している場合、自車線の先行車の車速に応じた車間距離を保つように走行します。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

減速

自車線前方の先行車が減速した場合、減速。ドライバーのブレーキ操作が必要な場合、表示とブザーで警告します。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

停止

追従走行中の先行車が停止した場合は、自車もそれに応じて停止します。

走行車線からの逸脱を警告&防止支援。インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

LDW(車線逸脱警報)[グレード別設定]

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

先進安全装備のインテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)& LDW(車線逸脱警報)が車線逸脱の防止を支援します。

LDW(車線逸脱警報)は、意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起。さらに、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)が車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を促します。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

①フロントガラス上部のマルチセンシングカメラで、自車前方の車線を検出し、車線からの相対位置を計算。
②車線を逸脱する可能性がある場合、メーター内の警告灯とブザーで注意を喚起。
③注意喚起とともに車線内に戻す方向に力を短時間発生。
④車両の動きを加えることで、置かれている状況をドライバーに直感的に伝え、車線内に戻す操作を促します。

 

クルマや人との衝突を回避。インテリジェント エマージェンシーブレーキ [グレード別設定]

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

インテリジェント エマージェンシーブレーキが衝突の危険回避をアシストします。

フロントのマルチセンシングカメラで前方車両や歩行者を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーによりドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減します。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

人に対して作動

前方の歩行者も検知。衝突のおそれがある場合には、ドライバーの回避操作を促し、ドライバーが安全に減速できなかった場合に自動的に緊急ブレーキをかけて衝突回避を支援します。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

クルマに対して作動

前方の車両に衝突する危険を察知すると、メーター内の警告灯表示とブザーでドライバーの回避操作を促します。衝突する可能性がより高まったとき、緩くブレーキを作動させドライバーの回避操作を促します。万一ドライバーが安全に減速できなかった場合、緊急ブレーキを作動させます。

 

スポンサードリンク

日産ノート安全装備 オプション

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

ここでは、日産ノートに装備できるオプションを紹介したいと思います。これらのオプションを装着すると便利なのはもちろん、人気があるためにリセールバリューなども上がると思います。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付) [メーカーオプション]

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

駐車時の安全を確認。

クルマを上空から見下ろしているかのような映像をカメラモード時のインテリジェント ルームミラー*12に映し出します。周囲の状況がひと目で把握できるため、安心してスマートに駐車できます。運転席からでは視認しにくい左前方や後方の安全も瞬時にわかり、縦列駐車も安心。映像は、スイッチ操作により、「トップビュー」「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」の切り替えが可能です。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

自車周囲の動くものを検知。移動物 検知機能*11を搭載。

ノートの周囲を歩いている人や、接近する自転車などの移動物を検知して、ルームミラー上のディスプレイの表示とブザーでドライバーに注意を促します。発進前にはトップビュー、Dレンジでの発進時にはフロントビュー、Rレンジでの後退時にはバックビューで、横切るものを検知します。

 

インテリジェント ルームミラー(インテリジェント アラウンドビューモニター表示機能付)[メーカーオプション]

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

クリアな後方視界を実現。

乗員、ヘッドレスト、積載物などで、さえぎられがちなルームミラーの後方視界を、クリアに保ちます。車内の状況に関わらず、車両後方にあるカメラの映像をルームミラーに映し出します。

夜間や悪天候時でもクリアな後方視界。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

夜間でもカメラの感度をアップさせることによって、明るい後方視界を確保。

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance_safety/nim.html

 

インテリジェント ルームミラー(インテリジェント アラウンドビューモニター表示機能付)はかなり便利な安全装備だと思います。車線変更時に見逃しがちな後続車両をルームミラーで瞬時に確認できるために、安全な車線変更に役立ちます。駐車や低速走行時には、アラウンドビューモニターと連動していると、このインテリジェントルームミラーに周辺の状況が映し出されます。また、雨天時には、雨滴のないクリアな後方視界を得られるので便利です。

 

スポンサードリンク

まとめ

https://images.app.goo.gl/pQiaKKNnmi3v4CT36

 

最近は煽り運転の報道が連日のように映し出されていますが、そんな時に役に立ちそうな安全装備が、エマージェンシーブレーキです。どんなに優れたドライバーでも、直前のクルマが車線変更をして、隣のレーンのクルマに衝突した場合などを想定するのは容易ではありません。そんな時に前方車両との衝突を防ぐのが、このエマージェンシーブレーキです。オプションではなく、グレードごとの設定なので選ぶ際はこの機能を付けた方がいいと思います。

他にも日産は軽自動車の日産デイズに、煽り防止の緊急ボタンを設置しました。これは、煽り運転などの危険な場面に巻き込まれた際にボタンを押すことで専用のオペレーターに電話が繋がるというものです。これは他の日産車にも搭載される可能性はありますね。

日産ノートはこのように標準装備、オプションとも最新の安全装備が満載です。ライバルも似た機能を搭載していますが、プロパイロット2.0などの自動運転で先を行く日産の技術は信頼できるものだと思います。レーンキープアシストなども、軽いハンドル操作のアシスト制御も場合によっては働くので、トヨタアクアのようにブザーのみでない点も評価できます。

 

https://images.app.goo.gl/roUAwBmkp82fHiBh8

日産ノートを新車で欲しい!!

という方は多いはず。

でも現状を考えると…

  • 新車で購入するのは高い
  • ディーラーを回るのが嫌…
  • 予算がオーバーしている…
  • もう少し値引きしてほしいけど値引きが苦手…

など新車で日産ノートを新車で買おうと検討して
いるけど、いろいろ悩みが尽きない…

と悩んでいる方は非常に多いです。

家族や友人に相談しても
まともに聞いてもらえなず。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!!

下取りは必ず一括査定を使う!!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上ります。